鈴木まもる・絵本原画と鳥の巣コレクション展「鳥の巣がおしえてくれること」

この夏、『鈴木まもる・絵本原画と鳥の巣コレクション展「鳥の巣がおしえてくれること」』が、三軒茶屋の生活工房にて開催されています。
(といのきも、フライヤーのデザインというかたちですこしだけお手伝いさせていただきました)

会場では、鈴木まもるさんの絵本原画と、鳥の巣の実物があわせて展示されています。

原画の細やかなタッチを眺めていると、鈴木まもるさんの鳥の巣へのまなざし、愛情が間近に感じられるようです。
鳥の巣の実物はみな美しくも不思議な造形。それぞれ世界のどんなところで、どんな鳥が、いったい何をどうやってつくるのか? 会場をまわりながら、ゆっくり想像がふくらんでゆきます。

ああ、世界はひろいなあ、と感じさせてくれる展示。
鈴木まもるさんのファンのかたはもちろん、鳥や建築、環境がお好きな方にもぜひおすすめの展示です。

会期は2018年08月26日(日)まで 。
時間場所など詳しくは、下記生活工房さんのサイトをご覧ください。
http://www.setagaya-ldc.net/program/417/

夏期休暇のお知らせ ( 8.11 – 8.19 )

といのきは、8月の下記期間、お休みをいただきます。
期間中は、各自の制作や自主企画の調査・研究などを行う予定でいます。

2018年8月11日 より 8月19日 まで

期間中にいただいたご連絡は、8月20日(月)以降のご返信となります。
ご迷惑をお掛けいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

西日本の豪雨は想像を絶するものでした。

変わりゆく自然災害に対し、「自然を知る」という仕事の向こうで何かできることはないのか…。わずかづつでも探ってゆきたい。あらためてそう思いました。

まずはなにより、被災された皆さまへ、心よりのお見舞いを申し上げます。

土から顔を出したヤブレガサ

すっかりあたたかくなって、事務所のまわりでも、アリやダンゴムシが動きだしました。
もう、迷うことななく「春ですね」といえるこころもちになった気がします。

さて4月より、こちらのブログをといのきの告知用に運用してゆくことにしました。
お知らせやプロジェクトのことを中心に、発信してゆきたいと思います。
メンバーの雑記ブログは、あらためて、別途ブログサイトにて近日の公開を予定しています。

今後とも、よろしくお願いいたします。

この星に生きる

Hikaru Sasaki

あけましておめでとうございます。
みなさまにとって新しい年が、おだやかであたたかなものとなりますように。

といのきの前身セセンシトカでは、毎年「この星に生きる」というテーマを年始に掲げてきました。といのきとなった今年も、それを引継ぎました。 Continue reading

本年もありがとうございました

Hikaru Sasaki

といのきは、2017年12月29日からお休みをいただき、年始は1月5日から活動いたします。
今年もまた、たいへんだけれどやりがいのある仕事ばかりでした。
たくさんの方々に本当にお世話になりました。一同こころよりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

揺れる時代のなかで今、あたりまえに思っていた物事をそれぞれがあらためて知り・感じなおし、考えなおし、語りなおすことが、ことさら大切になっているように思います。 Continue reading

ブログも引っ越ししました

Hikaru Sasaki


セセンシトカがはといのきデザイン事務所へと変わり、ブログもこちらへ引っ越しました。

セセンシトカ時代はふたつのブログを使い分けていましたが、新たに本ブログサイトひとつへ統合します。今回はサーバ内に構築したので、広告もなくなりました。

以前よりも、もうすこしいろいろと雑多な雰囲気で、量を多く発信してゆきたいと思っています。