本年もありがとうございました

Hikaru Sasaki

といのきは、2017年12月29日からお休みをいただき、年始は1月5日から活動いたします。
今年もまた、たいへんだけれどやりがいのある仕事ばかりでした。
たくさんの方々に本当にお世話になりました。一同こころよりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

揺れる時代のなかで今、あたりまえに思っていた物事をそれぞれがあらためて知り・感じなおし、考えなおし、語りなおすことが、ことさら大切になっているように思います。

そこにおけるデザイン・造形の役割は、既に定められた感じ方・考え方や価値を人々に説明する職能ではなく、むしろ、物事の素のありよう、その元々、本質へと共にさかのぼってゆくための技術(アート)ではないでしょうか。

ひもとけば複雑なことばかりですが、それに臆することなく、造形芸術が持つやわらかさをもって、矛盾もまるのまま共有するような仕事をしてゆけないだろうか、と思います。

今こそやるべきこと、やりたいことが山のようです。
この山々の稜線を、全身で歩いてゆきたい。
来年もお世話になります。ぜひどうぞ、よろしくお願いいたします。