かぼちゃの特殊性について考える

Mayuko Sasaki

包丁を買いに行ったときの話。

包丁売り場の方に、肉を切る包丁、魚を切る包丁のちがいについて説明を受けながら、ふと、「かぼちゃを切るときはどの包丁を使うといいですか?」と聞いてみた。

するとその女性は即答で、「かぼちゃの包丁ってのが無いんですよ、、、」ととても残念そうに答えた。「野菜を切る包丁で切ると、歯が欠けてしまう。かといって魚の頭を落とす包丁だと、刃に厚みがあるし、片刃なので、おそらくまっすぐ下に向かって切れないでしょう。」

「かぼちゃの包丁ってのが、無いんですよね、、、」

再度悔しさを確認するようにそう言うと、高級包丁ではなくて、安い包丁で思い切って切るのがいいと思うと、アドバイスをくださいました。

包丁のプロに「かぼちゃの包丁」と言わしめるほどの、かぼちゃの皮の硬さ、そして野菜としての特殊さに、しみじみと驚き、考えさせられました。