基礎の基礎

Mayuko Sasaki

渋谷の東塔堂さんで出会った本、『Graphic Design The Raw and the Cooked』では、
タイポグラフィーをイラストや写真と並列にとらえ、グラフィックデザインの要素としての重要性について説いている。

この考えは当たり前のようで、自分からはすこし抜け落ちていた感覚が刺激された。

タイポグラフィーを考えるとき、つい絵や写真の邪魔をしないように、そつなく、全体を整えるような気持ちでデザインしてしまうことがある。この本ではまったく違い、タイポグラフィーも表現の一部であり、積極的にデザインに混ざり合ってゆく。

本を読んだ後、あらためて周りのデザインを見れば、多くのものがそのようにデザインされていることに気づくのだった。基礎に立ち返ることができた一冊でした。(m)